ファクタリングの基礎知識とそれぞれの意味について

ファクタリングとは、企業の保有する売掛金を買い取ることで資金を提供する資金調達法を意味します。もともとは欧米で発達した貿易・金融システムです。日本においては、日本特有の手形取引が発展しました。欧米では、売掛金を主な対象とした債権を譲り受ける、債権譲渡により支払い人の信用リスクと回収管理事務の総合的な債権管理サービスを可能にしていました。これに対して日本でファクタリングとは、必ず債権譲渡を伴うという意味合いを持っていません。日本では受け取り手形の決済保証として使われていました。やがて流通や経済が発展し、対象債権が売掛金となり、債権の保証だけでなく与信管理のコンサルティングを行うようになりました。保証ファクタリングでは、販売先の倒産などで売掛金や手形が回収できなくなるのを回避しています。買取ファクタリングとは、本来の売上債権を買い取ることを意味します。国際ファクタリングでは、海外取引を安心なものにしています。



ファクタリングの仕訳について

金融取引の一つで、ファクタリングとは、債権を買い取って現金化することを言いますが、実務では、売掛債権を金融機関が買い取り、売買契約上の資金決済日よりも早く資金にすることを言います。 受取手形を金融機関で割り引くのもファクタリングの一種ですが、一般的にファクタリングという場合は、実物の手形を排すことで郵送や管理の事務負担、印紙代などの費用も節約できるため、電子債権を利用します。 売掛金をファクタリングで回収した後、いつ資金化するかは受け取る側の自由で、売買契約上の期日通りに受け取れば満額受け取ることができますが、早目に受け取れば、利息に相当する手数料を差し引かれます。 そのため、仕訳は現金化した時に売掛金から現金預金に振り替えればいいようですが、それでは、売掛金の残高が実際に資金化するまで減少しません。 売掛金のほかに、電子債権という資産の勘定科目を作成して仕訳するか、電子債権の取り扱いが少数ならば、便宜的に受取手形に仕訳するのも有効です。



ファクタリングのメリットについて

ファクタリングとは、企業の売掛債権を専門の業者に譲渡、売却して資金にすることです。ファクタリングのメリットは、まず売掛金を早期に資金化できることです。通常は売掛先の企業から支払いが行われるまで、支払いサイトでタイムラグが発生します。30日の場合もあれば180日も考えられます。その間キャッシュフローが行き詰まってしまうので、ファクタリングを利用して防ぎます。また、金融からつなぎ融資を受けると借入金として扱われます。一時的ならキャッシュフローはなんとかなりますが、借入金が増えると利子の問題も出てきます。中長期的に企業の資金繰りを圧迫する恐れがあります。しかし、ファクタリングは売掛債権の譲渡です。資金化しても借り入れとして計上しなくてもいいというメリットがあります。もう一つのメリットとしては、売掛先の企業が倒産しても支払いリスクが発生しないことです。ファクタリングなら譲渡金の救済が不要なので、先行きが見えない場合でも安心です。



ファクタリングの手数料と消費税

金融取引のファクタリングとは、債権を買い取って現金化することで、期日未到来の約束手形を買い取る手形割引も広い意味ではファクタリングの一種です。 ただし、金融機関の手形割引で、手形が決済されなかった場合には買い戻しの義務がありますが、これは、手形の売買の瑕疵担保特約です。 ところで、平成26年4月に、17年ぶりの税率アップがあった消費税ですが、今後、10%への再増税を前に、生活必需品への軽減税率が議論されています。しかし、実は、平成2年の消費税施行時より、政策目的など、一定の取引は消費税が非課税とされています。 金融取引では、債権の売買の手数料は非課税取引と定められているため、ファクタリングの手数料は非課税です。 その他、金融取引に関しては、利息も非課税なので、手形割引の手数料は、期日未到来の債権を現金化するので、支払利息類似取引として非課税になっています。 根拠としている取引は異なりますが、ファクタリング手数料、手形割引料はともに非課税取引です。



手形のファクタリング取引について

債権者が手形を金融機関へ割引以来をした場合に、振出人が債務不履行に陥ると、割引を行った債権者に支払い義務が遡及されますので、不渡りリスクを移転できません。一方、債務者が支払い代行システムを構築してファクタリング業者と契約を結び、さらに債権者が支払い代行システムへ参加することによってファクタリング業者と契約を結んだ場合に、債権者がファクタリング業者へ債権を譲渡すると、手形を割り引いた場合と同様に手形代金を受け取ることができますが、債権譲渡を通じて不渡りリスクをファクタリング業者へ移転させることができます。このため、振出人が債務不履行に陥った場合でも債権者に支払い義務が遡及されることがないというメリットがあります。この場合、債権者に代わってファクタリング業者が債務者に対して支払期日に代金の回収を行いますので、債権者は手数料さえ支払えば、債権回収を行わずに債権を回収できるというメリットもあります。



業者間に入り支払いを保証するファクタリングと一括信託

世の中には大会社から中小企業、それに自営業者などに至るまで様々な企業形態が存在します。その過程において業者間の金銭の支払いは極めて重要なものと言えるでしょう。こういった複雑かつデリケートな取り引きにおいて、両者が損害を負わないように、第三者が間に入って支払いを請け負う業務としてファクタリングや一括信託といったものが存在します。ファクタリングとはビジネス上のやり取りで何らかの売掛債権が発生した時に、それらの債権を買い取って、その現金を得るという金融サービスのこと。ファクタリングを請け負う保証会社に売掛金を保証してもらえるので、もしも何らかのトラブルが生じた際にも保証会社が弁済を行ってくれるので安心です。一方、似たようなシステムに一括信託がありますが、この場合は信託会社が業者間のやりとりを仲介して信託受益権と呼ばれる債権会社を発行して仕入会社に付与するという形になります。ファクタリング、一括信託ともに、従来の手形に代わる保証システムとして有効と言えるでしょう。もしもの時に借りれるように収入証明書 種類などもしっかりと確認しておきたいところですね。



最新情報はこちら!

ファスタリングで値引きがあるのか

ファスタリングのデメリット